So-net無料ブログ作成

修善寺温泉旅行 ~ あさば 宿泊記#4 [温泉]

26312672631268

18:00 いよいよお楽しみの夕食
食事のお供に 日本酒 田酒をオーダー

◆筍菜のり揚げ◆
2631269

菜のり
厳冬の時期、西風が強くなると伊豆の海岸線の岩場で取れるそうです。
美味しくて、宿の売店に売っていたので、お土産に買ってしまいました。

◆ゆば蒸し◆
2631270

◆季節の盛り合わせ◆
2631271

自家製のからすみが、しっとりしていてお酒がすすむ(笑)

◆沢煮椀◆
2631272

◆島あじといかのお造り◆
2631306

烏賊がものすごく甘くて美味しかった。
あじは歯ごたえがしっかりしていて、鮮度の良さを感じました。

◆鱒木の芽焼き◆
2631307

◆菜の花鮑床の酢びたし◆
2631308

鮑床とは・・・鮑ととこぶしの間くらいのものだと、仲居さんがおっしゃってました。

◆海老芋、雲子揚物◆
2631309

雲子・・・白子です。お塩でいただきました。
お芋はお箸で割ると、湯気がふわーっとたって、熱々。
熱いものを熱いまま出すために、厨房は戦場だそうです(笑)
板さん、仲居さんに感謝です。

◆穴子黒米すし◆
2631310

あさば名物。
縁起をかついでなのか、必ず奇数個で出されます。
2人で行っても3つ。
今回は3人で行ったので・・・3つ。そのままでした。

◆天城しゃもたたき鍋◆
2631311

目の前で仲居さんが見事な箸さばきで、しゃものたたきをつみれにまとめ
お鍋に投入していきます。
おネギはお好みの固さに。少しシャキっとした位にしていただきました。

◆玉丼◆
2631329

お鍋を卵でとじて、ご飯に盛りつけます。
そろそろ、さすがにお腹も満腹~。

◆甘味 葛きり◆
2631330

メロン、ブラマンジェ、葛きりからの3択。
私はお昼から、葛きりと決めてました(笑)
ツルリとしたのど越し、〆にピッタリ♪

◆蕎麦 生姜 ソルベ◆
2631331

この生姜のアイスも名物。
ピリリとして、口がさっぱり、まさに大人のアイスって感じ。

あさばのお料理は、定番料理と季節の物という構成。
穴子のお寿司や、お鍋、生姜のアイスを見ると
「あぁー、あさばだァ」という気分に浸れますね。
ご馳走様でした~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。